初心者の筋トレを行う時のダンベルの選び方

初心者がダンベルを使って筋トレを行おうとする時、どのくらいの大きさを選んだらいいのか分からない場合があるでしょう。

まず、ダンベルには重量が固定されているものとされていないものがあります。初心者は重量が変更出来るものを選ぶと良いです。それはトレーニングや筋肉の成長具合に合わせて重さを変える事が出来るからです。

ダンベルのシャフトとは、ダンベルの棒の部分の事を言い、スクリュー式とレンチ式の2つの種類があります。スクリュー式は、ストッパーを回転させて締めるものです。レンチ式は、ストッパー上部の器具を回転させて固定するものです。

スクリュー式の方がストッパーが緩みにくいため、プレートが外れてしまう事がないです。このため、スクリュー式の方を選んだ方が良いです。

プレートの素材は、鉄とラバーのカバーが1番お勧めです。鉄は床を傷つけやすいですが、ラバーでカバーしてあれば心配がないです。ただしカバーを付ける手間はかかります。しかし、傷が付く心配がいらないのでカバーを装着した方が安心です。

ダンベルの最大重量は、自分の身体に合った重さを選ぶようにします。必要以上に重いのを買ってしまうとプレート代が余分にかかりますし、軽すぎるとプレートを後で買い足さないといけなくなります。

HMBゼリースリムの通販購入はこちら!

断食ダイエットは失敗しやすい

ダイエットというと、とにかく食べる量を減らせばいいと考える人は少なくないと思います。
私も以前はそう思っていました。食べる量を減らせば、カロリーが減り、脂肪の燃焼が始まると考えていたんです。それで、断食ダイエットにも挑戦したことがあります。
断食ダイエットは確かにすぐに体重が減り始めます。体重が落ちて行くのをみると快感で、しばらく断食を続けたくなります。
しかし、すぐに体重減少の幅が小さくなり、やがて減らなくなってしまいました。
また、断食ダイエットで固形物を口にしないというのはとても辛いです。最初は良くても、そのうち空腹感に耐えられなくなってきます。
そうなると、ダイエットをやめた途端につい食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまうということを繰り返していました。
リバウンドで元の体重に戻るならまだしも、時には元の体重より増加してしまうということもありました。これではせっかく辛い思いをして断食してみたのに、意味がありませんよね。

レスタリアージュスベルトレディースの通販